ホーム > 地域 > 同じ勝率でも構わない

同じ勝率でも構わない

FX初心者の方がマーケットのポイントを見つけるには、まず取引経験を積んでいく事が大切である。

 

特に、事前にピンチを察知できるようにするようになるにはミスを積み重ねることも経験のひとつです。

 

ただし、ミスをするといっても、元に戻せないほど決定的な負けをする事は論外です。

 

やり直しが効くミスを何回か体験することが結果として自分のレベルを上げてくれます。

 

それを考えると、まずは少ない額で売り買いをして、幾度か小さめのマイナスを経験することが必要です。

 

たとえば、100万円しか投資に回すお金のない状況でいきなり100万円を全部賭けて売買すると間違えた時、二度と立ち直れなくなってしまう恐れがあります。

 

それよりも、たとえば10万円ずつ分割してエントリーしてここで売り買いを経験した方が、所徐にマイナスを埋め合わせる手段なども学んでいくはずです。

 

最初はわずかなお金で売買する事の長所は、先に記したように、自身の経験値を増やし失敗をコントロールする技術を身につけることにあるがエントリーの回数を重ねて、偶然を減らせるというメリットもある。

 

仮に、1回限りの注文で勝率が50%とします。

 

すると、同じく50%の確率で負ける可能性もあります。

 

勝率50%ということは半々の割合で利益が出る事を現しています。

 

だけど、全ての資金を使って1回こっきりの仕掛けをするということは明確な勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

 

そのままではただの賭けと同じです。

 

これは、全ての投資資金を投資して1回のみしか売買しないと、これではマイナスになる割合が高くなります。

 

これを回避するために、お金を1度に全部使うのではなく、何度かに分けて、投資経験を積む事がリスク分散となる。

 

ただ少しずつに分割しても全てのトレードで稼ぐ事は不可欠ではありません。

 

正しく言うと、勝利する事が出来ないのが実際のところです。

 

トレードで大事なのは、勝ち負けの回数ではなく、いくら稼ぐかです。

 

勝ち負けが同じでも或いは3割でも儲かる時は儲かります。

 

7割負けてもマイナスがわずかであれば、少ない勝利の利益の大きさで十分に儲けられます。

 

そのためには、損失を少なく、利益を大きくを心がけることです。

 

損失が生じたら直ちに損切り注文して、逆にプラスになる状況では可能な限り大きくプラスにする事がFXの経験の浅い方が為替で勝つための極意といえる。

 


関連記事

同じ勝率でも構わない
FX初心者の方がマーケットのポイントを見つけるには、まず取引経験を積んでいく事が...
テスト
テスト記事です。...